システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへは「システム屋さん」で検索。

システム屋さんのXpからWindows7への移行

Xpのサポート期限がせまるにつれてWindows7への移行が増えてきました。Xp機の中には部品の劣化や故障、動作が遅いなどの理由で移行される方もいます。基本的に新しいパソコンをお勧めしています。理由はXp機のスペックが低いのでOSのアップグレードには不向きだからです。

XP

Xpユーザーがまず直面するのは「ユーザーアカウント制御」です、基本設定では表示しないようにしています。。会社ではXpでも自宅のパソコンはWindows7のユーザーがいます。「なぜ会社のPCは確認メッセージが表示されないのですか」と言われることもありますが、表示されている内容に応じてアクションを変えるわけではなく、ほとんどのユーザーが無意識のうちにボタンを押しています。今までウイルス感染したユーザーのほとんどはユーザーアカウント制御をしていましたが「なんとなくOK(許可)を押した」ということでした。

メールの移行ですが outlook express ユーザーはWindows Live Mail 2012またはOffice365への移行が主ですが、Gmailへの移行も行います。全社でGoogle Appsへ移行した事例もあります。Windows8を見据えると Office365 、Windows Phoneの普及が進むと思われます。

Windows Live Mail 2012

会社での標準の表計算ソフトなどはMS OFFICEになります。フリー版や格安のソフトがありますが品質、サポートにおいて業務には向いていません。またスプレッドシート統制などの監査でもMS OFFICEが使われます。もうすぐOffice 2013が発売されますがOffice365との選択になります。Windows7にはOffice2007以降になります。

業務で使うパソコンは基幹システムなどにより制約を受けるためwindows7 professional 32bit版を導入します。日常業務での印刷、通信。各種処理をするためには32bit版になります。64bitでは対応していない機器がまだまだ多くあります。家庭では64bit版でいいと思います。

最近のパソコンは購入時にサンプルソフトが色々ついています。メーカーにいくらかの手数料が入るのでしょう、その分パソコン本体が安くなっているかも知れません。不要なソフトなどはまず最初に削除します。また不要なサービスも停止します。入れ替え作業時にはいつも初期不良だけは無いように願っています。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ブログ内検索フォーム
インデックス
人気ランキング参加してます
人気ブログランキングへ 
法人向けPC、サーバー、他
Translation