システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへは「システム屋さん」で検索。

サーバー管理 Active Directory のバックアップ 1

Active Directoryのバックアップ方法について

Active DirectoryのDBの実態はntds.ditファイルですがこのファイルだけでは復元することはできません。Windows Serverバックアップツールを使ってシステム全体のバックアップをする必要があります。既定では2008 Server にはインストールされていませんのでツールのインストールをします。

ファイルサーバー

Windows Serverバックアップツールのインストール
1.サーバーマネージャーを起動します。
2.機能---機能の概要セクションで機能の追加を選択
3.Windows Serverバックアップの機能 Windows Serverバックアップにチェック、コマンドラインラインツールにチェックし次へをクリック
4.インストールオプションの確認ページでインストールをクリック
5.インストールの結果で閉じるをクリックします。

以上でWindows Serverバックアップツールが2008 Serverにインストールされました。
システムの「完全バックアップ」をすることでActive Directoryのバックアップが可能になります。
詳細は次回お知らせします。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ブログ内検索フォーム
インデックス
人気ランキング参加してます
人気ブログランキングへ 
法人向けPC、サーバー、他
Translation