システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへは「システム屋さん」で検索。

システム管理者のお正月

お正月と言ってもシステム管理者にとっては絶好のメンテナンスの機会になります。大きな問題がなければ一般の会社(正月休みがある会社)では1月2日は出勤される管理者が多いと思います。日頃できないサーバーのRAID調整、ディスク検査からやるべき事はいっぱいあります。こうした努力でユーザーは快適にシステムを使うことができます。

お正月

システムの保守関連業務に携わる方にとってはお正月休みはありません。逆に繁忙期(稼ぎ時)になります。ニュースで「経済産業省原子力安全・保安院は31日、原発事故を想定して全国の原発の原子炉格納容器圧力や温度などの運転データを監視している緊急時対策支援システム(ERSS)が30日昼から26時間にわたって正常に作動しないトラブルがあったと発表した。」とありましたが大雑把な管理をしていると思います。自動的にアラートなどを送信する仕組みぐらい設置して欲しい物です。一般企業のシステム管理者は常にシステムからのアラートメールにビクビクしているものです。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ブログ内検索フォーム
インデックス
人気ランキング参加してます
人気ブログランキングへ 
法人向けPC、サーバー、他
Translation