システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへは「システム屋さん」で検索。

許可なし残業には「PC強制シャットダウン」

過労死の問題から強制的にPCを使用できなくするソフトが売れているようです。「今ごろ何!」という感じです。というのは専任社内システム管理者がいるような会社ではメール、ブラウジング、画面の内容などをモニタリングできるようなシステムは数十年前から導入されています。電源を切るには管理画面の該当PC番号を「マウスでクリック」するだけです。これらの機能はセキュリティパッチの一斉配布するためのもので電源ON、再起動、電源OFFが可能です。モニタリング画面は録画ができますので昼休みになるとイヤホンを付けてyoutubeなど動画サイトを見る、ネットショッピング、ニュースサイトなどの閲覧履歴は会社で保存されていることを肝に銘じておきましょう。

CCAS

上記の様な機能は、このサイトの右欄にあります管理者おすめツール内の「端末の監視ソフト」で無料で導入が可能です。さらに細かな管理機能がある有料版があります。その有料版でも大手システム会社の10分の1程度の費用で導入が出来ます。この手のシステムの価格はピンキリですが動作する仕組みはほとんど同じですのでサポートが良くて費用の安い会社を選択する必要があります。

私は許可なし残業には「PC強制シャットダウン」というのは解決策にはならないと思うのですが・・・
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ブログ内検索フォーム
インデックス
人気ランキング参加してます
人気ブログランキングへ 
法人向けPC、サーバー、他
Translation