システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへは「システム屋さん」で検索。

Windows Update の修復 20170306

マイクロソフト社の仕様の変更により従来のFix ITが徐々に姿を消し新たに便利な総合修復ツールになりました。Windows Updateがうまく行かない時の第一選択肢はこちらです。

1.Windows Update: FAQ を表示する
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12373/windows-update-faq

2.最下段の「更新プログラムのインストールで問題が発生する場合、どうすればよいですか。」をクリックする。

Windows Update: FAQ

3.最下段の「Windows Updateトラブルシューティング ツール使用して、問題を解決してみてください。」のWindows Updateトラブルシューティング ツールをクリック

4.Windows Update エラーを修正するを表示し手順に従います。
このツールはすべてのエラーに対応しています。
このウォークスルー ガイドでは、更新プログラムのインストール中に発生する問題を修正するための手順が説明されています。 一般的なエラー コードには次のようなものがあります。 0x80073712、0x800705B4、0x80004005、0x8024402F、0x80070002、0x80070643、0x80070003、0x8024200B、0x80070422、0x80070020 通常、これらの手順は、一覧表示されているエラーだけではなく、すべてのエラーの解決に役立ちます。

5.どのバージョンの Windows でエラーが表示されましたか? お使いのOSを選択します。
※OSによってツールが違います。
※Windows 7、8.1の場合はネットワークのトラブルシューティング ツールを実行するページで「いいえ」を選択するとWindows Update トラブルシューティングをダウンロードできます。

Windows Update トラブルシューティング

6.Windows Update トラブルシューティングを実行します。
「管理者としてトラブルシューティングを実行する」を選択します。

以上でも解決しないときは、OSの再インストールをします。Windows 10では再インストールは容易になりました。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ブログ内検索フォーム
インデックス
人気ランキング参加してます
人気ブログランキングへ 
法人向けPC、サーバー、他
Translation