システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへは「システム屋さん」で検索。

2016 年 10月のウインドウズアップデート

2016 年 10月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要
https://technet.microsoft.com/ja-JP/library/security/ms16-oct.aspx

サーバーは問題無く適用できました。
Windows 10 Anniversary Updateでは前回のパッチでも不具合が発生しました。見える箇所ではEdgeのリダイレクト処理がうまくいきませんでした、バグのあるアップデートの連続で品質が落ちたと言えるかも知れません。
Windows 10 32bitではHaswell世代以降のPCでは32bitは非対応ですのでフリーズする事があります。インテル® HD グラフィックス 4200 内蔵第 4 世代インテル® Core™ プロセッサー以降のパソコンが対象です。ここ2~3年以内に販売されたこれらのパソコンは64bit版の使用をお勧めします。
既にWindows 10 32bit版へ移行し「症状」がでた場合は、グラフィックボードの増設または64bit版の再インストールが必要です。再インストール時にはプロダクトキーなどは不要で自動認証されます。
インテル® グラフィックス製品の対応オペレーティング・システムについて
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/graphics-drivers/000005526.html

更新がうまくいかない場合の第一選択は以下のマイクロソフト社ページでの対処です。次に復元になります。最近増えたSSD搭載機器では一度シャットダウンしてから起動すると解決する場合もあります。
Windows 7、8、10でうまく行かない時(Microsoftのページ)
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Windows Updateの更新がうまく行かない方は最下段の「更新プログラムで問題が発生する場合・・・」のトラブルシューティング ツールを使用します。

Windows 10向けのマイクロソフトの修正プログラムの簡単なソリューションおよびこれを利用してソフトウェアの問題を解決するページです。「Microsoft easy fix」は、以前「Microsoft Fix it」と、呼ばれていました。この資料には、レガシー Fix it ソリューションのサポートの通知の終了に関する情報が含まれます。

Windows Update のコンポーネントをリセットする方法(Fix It)
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/971058
※シャットダウン時に「シャットダウンボタンに「更新プログラムをインストールしてから、コンピュータをシャットダウンします」といつまでも表示される場合などはこちらです。

【Windows 7 Professional 32bit】
Microsoft Silverlight のセキュリティ更新プログラム (KB3193713)
悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2016 年 10 月 (KB890830)
2016 年 10 月 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB3185330)
Windows 7 用更新プログラム (KB2952664)
2016 年 10 月 Windows 7 SP1 の、.NET Framework 3.5.1 用セキュリティおよび品質ロールアップ (KB3188740)
Windows 7 用更新プログラム (KB3177467)

【Windows 10】x64 ベース
x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム (KB3194798)
Windows 8、8.1、10 と Windows Server 2012、2012 R2 x64 エディション用の、Windows 悪意のあるソフトウェア削除ツール - 2016 年 10 月 (KB890830)
Microsoft Silverlight のセキュリティ更新プログラム (KB3193713)
Windows 10 Version 1607 for x64-based Systems 用 Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (KB3194343)


【2016/12/13】追記
ディスククリーンアップで3.99TBと表示される
2016年10月11日に配信開始されたKB3194798/KB3192441ではインストールに失敗するユーザーがいる一方、成功した環境でディスククリーンアップを実行すると3.99TBの項目が表示されるといった報告も出ている。ディスククリーンアップでサイズが3.99TBと表示されるのは「Windowsアップデートのクリーンアップ」という項目で、「システムファイルのクリーンアップ」を実行すると表示されるものだ。実際に3.99TB分のファイルが保存されているわけではなく、システムドライブが32GBの環境でも発生することが報告されている。
ただし、クリーンアップ処理に時間がかかるという報告はあるものの、処理は正常に実行されており、実害はないようだ。Microsoftでは今回の更新プログラムについて幅広い環境に影響する問題はないと認識しているとのこと。手元の環境(OSビルド14393.321)で確認してみたところ、「Windowsアップデートのクリーンアップ」はスキャン対象になってはいるようだが、削除可能な項目としては表示されなかった。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ブログ内検索フォーム
インデックス
人気ランキング参加してます
人気ブログランキングへ 
法人向けPC、サーバー、他
Translation