システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへは「システム屋さん」で検索。

Windows 10へのアップグレードの追われる

セキュリティ面で優れているWindows 10を導入する会社が増えてアップグレード作業が増えました。自宅などでは個人でアップグレードするのですが会社では細かな調整が必要ですので社内システム管理者の指導のもとで行うのがお勧めです。会社単位で一日に10台~60台をアップグレードしたのですが中には調子の悪いパシコンもあって苦労します。

Windows 10へのアップグレード

Windows 10では自動メンテナンス機能がありアップグレード直後は動作が重くなります。ユーザーには「一ヶ月ぐらいは遅くなる」事を伝えます。アップグレード直後は1日~2日ぐらい電源を入れたままにしておきます。自動メンテナンス中はHDDのアクセスランプが頻繁に点滅します。これを行う事でスムーズに使用することができます。

面倒なのは既定のWEBブラウザがエッジに変更される、Windowsで通常使うプリンターを管理するがONになる、これは会社では不要な事が多いです。イーサネットがパブリックに変わるパソコンとそうでないパソコンがあります。ほとんどの会社ではプライベートかドメインに参加です。HDグラフィックのドラーバーが更新されてフリーズ発生する場合はデバイスマネージャーからドライバー更新をかけると元に戻り安定する場合もあります。

何度もWindows 10のクリーンインストールしましたが新しいライセンス認証方式のデジタル登録情報による管理は便利になりました。8/2のアニバーサリーアップデートではマイクロソフトアカウントと紐付けされてさらに便利になるようです。

Windows 10 のライセンス認証 (Microsoft)
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12440/windows-10-activation
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ブログ内検索フォーム
インデックス
人気ランキング参加してます
人気ブログランキングへ 
法人向けPC、サーバー、他
Translation