システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへは「システム屋さん」で検索。

Windows 10ヘのアップデートとATOK

Windows Updateの履歴でWindows 10への失敗履歴があったのでWindows 10のダウンロードサイトから入手してWindows 7から1台、Windows 8.1から2台をアップデートしました。アップデートの場合プロダクトキーなどは必要ありませんでした。SSD環境でしたので1~2時間前後でアップデートできました。日本語入力はATOKを使っているのですがWindows 7からのアップデートではMicrosoft Edgeや検索窓で日本語変換が出来なくなりました。そこでATOK2015を一旦アンインストールして再度インストールすると問題無く使用できるようになりました。

Microsoft IMEに戻ってしまうので既定の言語設定を変更をしました。

コントロール パネルから時計、言語、および地域、言語を選択します。
IME設定 ATOK 1

左上の詳細設定を選択します。

IME設定 ATOK 3

「既定の入力方式の上書き」で「日本語-ATOK 2015」を選択して最下段の保存を押す

その他にはNVIDIAのグラフィックドライバーアップデートぐらいでWindows 8の時よりよりスムーズに移行が可能でした。

【2015/09/19】
Windows 10で他社製IMEが利用できない問題、日本マイクロソフトがIMEの再インストールを案内
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ブログ内検索フォーム
インデックス
人気ランキング参加してます
人気ブログランキングへ 
法人向けPC、サーバー、他
Translation