システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへは「システム屋さん」で検索。

社内システム管理者の仕事 4

Windows Xpパソコンのリプレイスは終わったでしょうか? 移行に一番容易なWindows7 Professional 32bit版搭載のパソコン販売がほぼ終わりダウングレードやDSP版で入手することになってきました。社内システム管理者にとっては余計な手間がかかるようになってきました。やはりWindows8パソコンは動作しないシステムもあり未だに不人気です。

01pc130625.jpg

インシデント管理で知っておきたいキーワードに「問題」「既知のエラー」と呼ばれるものがあります。社内システム管理者の一番の仕事は「一刻も早くITサービスを復旧させ業務への影響を抑える」事です。最近では少なくなりましたが、原因はわからないが再起動したら直ると言うことがあります。


1.パソコンが固まって動かないのですが【インシデント-サービスデスクにて記録】
2.サービスデスクにて記録時に過去の事例、ユーザー、機器情報で検索し既知のエラー(解決策・手順)かどうか調べます。無ければ一旦「対応中」フラグをつけます。
3.ユーザーの所へ行き、「作業中のデータが無くなる事などを告げて」強制シャットダウン、電源を再投入しチェックディスク、動作確認します。ということで既知のエラーはすでに解決し原因が特定されているものを指します。問題は解決策、原因が不明な状態を指します。社内システム管理者は「問題」を少なくしていくのもスキルアップに繋がります。







関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ブログ内検索フォーム
インデックス
人気ランキング参加してます
人気ブログランキングへ 
法人向けPC、サーバー、他
Translation