システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへは「システム屋さん」で検索。

Windows 10 Insider Preview 最新ビルドの機能 2017/02/17

昨年、Windows Insider Programにてひどい目にあった記事を書きましたが、Microsoftから今でもWindows Insider Program参加への案内が送信されてきます。以前に比べてWindows 10も安定してきましたので試してみるのもいいかも知れませんが?

Windows Insider480

初めは使いましたが、マイクがホコリをかぶっている「Cortana」
Cortana の機能拡張:
音声コマンドを使用して、Cortana にコンピューターの電源オフや音量の変更を指示できるようになりました。また、PC で開いた Web サイトやクラウド ドキュメントへのリンクがアクション センターに表示されるようにしておき、別の PC で作業の続きをすることもできます。

標準ブラウザにはほど遠い「Microsoft Edge」 e-TAX対応にいつなるのでしょうか?
新しくなった閲覧時の操作性:
Microsoft Edge に最近追加した新機能をすべてご確認ください。たとえば、お気に入りや保存したパスワード、履歴を別のブラウザーから 1 クリックでインポートできます。プレビューを使って、開いているすべてのタブをすばやくスキャンできます。複数のタブを一時的に退避させて、クリーンな状態にすることができます。退避させたタブは 1 クリックで元に戻せます。

デスクトップやタスクバーにアイコンいっぱいのユーザーが多いのは使いづらいからでは?
タイルのグループ化:
スタート画面に表示されるタイルの数が多すぎて困っている場合、タイルをドラッグして別のタイルの上にドロップするだけで、複数のタイルが入ったフォルダーを作成できます。

この機能はいいかもしれません、Windows 10になって再インストールは飛躍的に楽になりました。
PC パフォーマンスの向上:
PC の動作が遅い場合、Windows Defender の [Refresh Windows (Windows をリフレッシュする)] オプションで改善することがあります。リカバリーのために Windows の再インストールや更新を行うと、アプリのほとんどは削除されますが、個人のファイルや一部の Windows 設定はそのまま残ります。

2017 年 2月のウインドウズアップデート(延期)

日本時間 2017年2月15日 午前4時頃 今月のWindows Updateを1ヶ月延期するとMicrosoftが発表しました。

Microsoft

Windows Updateが出来ないので調べたら以下の記事がありました。

マイクロソフトは本日、パッチが顧客に公開される数時間前に、Windowsやその他の製品のセキュリティアップデートを1ヶ月間延期するという前例のないステップを踏み出しました。

Microsoft はMSRC(Microsoft Security Research Center)のブログに投稿した記事で、一部の顧客に影響を与える可能性のある最新の問題を発見したため、今日予定されているアップデートのために時間内に解決されなかった。「すべてのオプションを検討した後、今月の更新を延期することを決定した」

と言うことで今日はWindows Updateは無いようです。長年保守をやっていますが初めての出来事です。

http://www.pcworld.com/article/3169984/computers/microsoft-shelves-all-february-security-updates.html

温度の低い季節のシステム管理者

今日は全国的に雪の予報です。このような季節はサーバー管理者にとっては機器故障する確率が下がるので「故障閑散期」とも言えます。私のクライアントの多くは事務所に基幹業務のサーバーを設置して24時間稼働していますので温度について敏感になります。最近のサーバーは内部の各部分の温度や状態が取得できるので定期監視をしていれば致命的なインシデントを回避できます。

先日クライアントに訪問したときに「新規取引にあたってセキュリティチェックシートの提出を求められたのですが・・・」とチェックシートを渡されました。よくある一般的なチェックシートでしたが「二世代ぐらい前の内容」でプライバシーマーク取得企業によくあるひな形でした。今は「サイバー攻撃で狙われたら防御が難しい」時代ですのでそれに沿ったチェックはありません。例えば「添付ファイルをむやみに開封しない」などは「メールで仕事をしない」とも言えます。抽象的な質問も多く「とりあえず提出して下さい」という形式的なチェックシートでしたので優等生的なチェックをするようにしました。もしかしたらその企業はすでに不正侵入済みかも知れませんのでこちらからもチェックシートを送付したいぐらいでした。

Windows 7
2016年12月の世界におけるデスクトップOSシェア(出典:NetMarketShare)

最近は海外から個人への攻撃が急増しています。未だにWindows 7が多いようですが今のところサイバー攻撃に対して最強のWindows 10と付属のWindows Defenderの利用をお勧めします。
ブログ内検索フォーム
インデックス
人気ランキング参加してます
人気ブログランキングへ 
法人向けPC、サーバー、他
Translation