システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへは「システム屋さん」で検索。

Windows Live Mailの提供終了

XPパソコンの時代に使っていたOutlook expressから受け継いでWindows Live Mailを使っている中小企業は今でも多くあります。そのWindows Essentials 2012 に含まれる 「Windows Liveメール」 は2017年1月10日にサポートが終了します。またWindows 10ではいつのまにかサポート対象外になっています。

Windows Liveメール

知人の会社ではMicrosoft社のExchangeを自社サーバーにて使用しています。最新のExchange は、Microsoft から提供されるオンライン サービスとして有料で利用可能です。法人のメールはそれなりのコストを負担して利用する時代になりました。また情報漏洩対策のためにメールの送受信を監視するツール等の導入も増えています。

Windows Live Mailを法人で利用している場合、「メールソフトは無料」「メールでの情報漏洩対策は無し」が大半です。どこまで監視するかによってコストが大きく変わりますがマルチデバイス時代では比較的安価なMicrosoftかGoogleのオンラインサービスに行き着くと思われます。社内のパソコンの無料監視ツールは右欄の「管理者おすすめツール」内の「端末の監視ソフト」があります。有料版はそれなりの高機能ですが使用するにはネットワークやシステム全般の知識、最近では不正アクセス禁止法などの関連法規と何より某アイドルの理想の恋人と同じように「秘密を守る人」でなければいけません。

システム管理者と停電

昨日は東京地区のシステム管理者にとっては悲劇の一日になったと思います。ただ原因が「停電」とわかっているので責められることは無いようです。UPSのランタイム上限を超えサーバーは自動シャットダウンしますが復旧に手間がかかります。トランザクション、データベース、データの整合性の確認などが必要です。

東京の火災

最近のパソコンに搭載されているハードディスク類は停電時しても滅多に故障しなくなりました。それより作業中のエクセル、画像、動画データのやり直しの方が大変です。また昨日はWindows Updateもありましたので尚更です。

電源が冗長化された環境では問題は無いですが中小企業ではクライアントまで冗長化されているケースは滅多にありません。東南アジアに比べて電源環境の良好な日本では「電源の冗長化」実装の予算獲得に苦労します。

2016 年 10月のウインドウズアップデート

2016 年 10月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要
https://technet.microsoft.com/ja-JP/library/security/ms16-oct.aspx

サーバーは問題無く適用できました。
Windows 10 Anniversary Updateでは前回のパッチでも不具合が発生しました。見える箇所ではEdgeのリダイレクト処理がうまくいきませんでした、バグのあるアップデートの連続で品質が落ちたと言えるかも知れません。
Windows 10 32bitではHaswell世代以降のPCでは32bitは非対応ですのでフリーズする事があります。インテル® HD グラフィックス 4200 内蔵第 4 世代インテル® Core™ プロセッサー以降のパソコンが対象です。ここ2~3年以内に販売されたこれらのパソコンは64bit版の使用をお勧めします。
既にWindows 10 32bit版へ移行し「症状」がでた場合は、グラフィックボードの増設または64bit版の再インストールが必要です。再インストール時にはプロダクトキーなどは不要で自動認証されます。
インテル® グラフィックス製品の対応オペレーティング・システムについて
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/graphics-drivers/000005526.html

更新がうまくいかない場合の第一選択は以下のマイクロソフト社ページでの対処です。次に復元になります。最近増えたSSD搭載機器では一度シャットダウンしてから起動すると解決する場合もあります。
Windows 7、8、10でうまく行かない時(Microsoftのページ)
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Windows Updateの更新がうまく行かない方は最下段の「更新プログラムで問題が発生する場合・・・」のトラブルシューティング ツールを使用します。

Windows 10向けのマイクロソフトの修正プログラムの簡単なソリューションおよびこれを利用してソフトウェアの問題を解決するページです。「Microsoft easy fix」は、以前「Microsoft Fix it」と、呼ばれていました。この資料には、レガシー Fix it ソリューションのサポートの通知の終了に関する情報が含まれます。

Windows Update のコンポーネントをリセットする方法(Fix It)
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/971058
※シャットダウン時に「シャットダウンボタンに「更新プログラムをインストールしてから、コンピュータをシャットダウンします」といつまでも表示される場合などはこちらです。

【Windows 7 Professional 32bit】
Microsoft Silverlight のセキュリティ更新プログラム (KB3193713)
悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2016 年 10 月 (KB890830)
2016 年 10 月 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB3185330)
Windows 7 用更新プログラム (KB2952664)
2016 年 10 月 Windows 7 SP1 の、.NET Framework 3.5.1 用セキュリティおよび品質ロールアップ (KB3188740)
Windows 7 用更新プログラム (KB3177467)

【Windows 10】x64 ベース
x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム (KB3194798)
Windows 8、8.1、10 と Windows Server 2012、2012 R2 x64 エディション用の、Windows 悪意のあるソフトウェア削除ツール - 2016 年 10 月 (KB890830)
Microsoft Silverlight のセキュリティ更新プログラム (KB3193713)
Windows 10 Version 1607 for x64-based Systems 用 Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (KB3194343)

Windows 7および8.1がプリインストールされた搭載PCの販売が今月で終了

DELLやHPでのWindows 7の販売が先日終了しましたが、8.1がプリインストールされた搭載PCの販売も今月で終了です。Windows 7 Professional 32bitを入手するにはダウングレード権を行使すると可能です。メーカー対応またはオープンライセンスを利用する事になります。

intel HD

Windows 7 Professional 32bitからWindows 10へアップグレードしたパソコンの一部はフリーズが頻繁に起こります。原因は以下のインテル® HD グラフィックスがWindows 10 64bitしか対応していないからです。解決するにはWindows 10 64bitのクリーンインストールかグラフィックボードの増設で回避できます。

Windows 10の無料アップデート期間の「このPCはWindows 10にアップデートできます」は正しくなく「このPCのグラフィックチップはWindows 10 32bitでは動作しません」と表示するべきだったと思います。インテル® HD グラフィックス 4200 内蔵第 4 世代インテル® Core™ プロセッサー以降はWindows 10 32bitに対応していないのです。それより古いチップを搭載したPCはWindows 10 32bitで快調に動作しています。対応ドライバーぐらい作って欲しいものです。

インテル® グラフィックス製品の対応オペレーティング・システムについて
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/graphics-drivers/000005526.html
ブログ内検索フォーム
インデックス
人気ランキング参加してます
人気ブログランキングへ 
法人向けPC、サーバー、他
Translation