システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへは「システム屋さん」で検索。

サポート窓口への新人の配置は無謀

XP時代に購入したデスクトップPCの後継機を購入しました。新PCはSKYLAKE搭載のハイスペック版を選択しました。以前から業務で使うPCのHDDはSSDに置換していましたが新PCは圧倒的な早さです。

Plextor M6e M.2

今回購入時にパソコンメーカーとのサポートとのやりとりで気になった点があったので記載します。サポートはITILではサービスデスク (専門の分科会もあります) では基本的にワンストップで解決(クローズ)までサポートする業務です。豊富な知識と常識的な言葉遣いが必要な会社の顔と言えるポジションです。病院でも初診ほど経験豊富な医師があたります。サポートの善し悪しがリピーターの増減に影響を及ぼすと思います。

ITIL20151025

上記のBTOパソコンを購入したのですが、頼んでもいない不要なソフトが入っておりそのソフトの削除エラーで半日かけてクリーンインストールすることになりました。多いのはノートン、マカフィー、バックアップソフトなどのお試し版(広告ソフト)などですが削除する手間や今回のような削除エラーでは本末転倒でクレーム対象になります。サポート担当者は知識と正しい言葉遣いが無く「クリーンインストールになります」→何のためにプレインストール版なの?「返品はできません」→最後まで解決しろ!「当社のだれにおかけになっても答えは同じです」→何が言いたいのか?「バンドルソフトのみの提供はしていません」→マイクロソフトでは再度インストールしてアンインストールしてくださいのことですが・・・・・そしてその対応はおかしいと思いませんかと聞くと「沈黙」します。
一言「ご迷惑をおかけしました、お手数ですが購入したばかりですのでクリーンインストールをお願いできないでしょうか」と言えないのでしょうか? 上記ソフトの広告収入がそんなに大事なのでしょうか? 仕事柄サポートをよく利用しますが今年最悪のサポート対応でここまで購入者を怒らせるサポートがよくできたものです。 

HPやDELLの法人サポートも同じように新人が配置される時期は本当に苦労させられます。PC初期不良は発生します、配送時にHDDが故障したり電源投入時にコンデンサー(基盤)が故障したりします。顧客から怒られるのは私たち販売店なのですがその部分が見えない新人には困った物です。専門知識の必要な技術系サポート窓口には一般常識のある優秀な人材を置いてほしいものです。

2015年10月のウインドウズアップデート

今日はサーバー関連、Windows 7 、Windows 10など問題無く更新できました。

2015 年 10 月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要
緊急 3 件 / 重要 3 件
https://technet.microsoft.com/ja-JP/library/security/ms15-oct.aspx

Windows 10が公開されてから定例アップデート時以外でもオプションアップデートが随時公開されています。定期的なチェックをお勧めします。
企業では大半がWindows 7 Professional 32bitを使っています。現在Windows 10への更新を検証しているシステム管理者が多いと思います。そこで表示がうるさい「Windows 10のアップデートを表示しないようにする」にはこちら
http://ascii.jp/elem/000/001/015/1015320/

Windows Updateがうまく行かない時は以下をお試し下さい。
(Microsoftのページ)
リンク先を開いて右上から対象OSを選択します。(サーバーは対象外)
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Windows Updateの更新がうまく行かない方はこちら

-----更新内容例/抜粋-----
【Windows 7 Pro 32bit】
Windows 7 用更新プログラム (KB3035583)
Windows 7 用更新プログラム (KB3083710)
Windows 7 用更新プログラム (KB2952664)
Windows 7 用 Internet Explorer 11 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB3093983)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3097966)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3080446)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3093513)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3042058)
悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2015 年 10 月 (KB890830)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3088195)
その他Office関連のアップデート

【Windows Server 2012 R2】
Windows Server 2012 R2 用更新プログラム (KB3083711)
Windows 8、8.1、10 と Windows Server 2012、2012 R2 x64 エディション用の、Windows 悪意のあるソフトウェア削除ツール - 2015 年 10 月 (KB890830)
Windows Server 2012 R2 用セキュリティ更新プログラム (KB3080446)
Windows Server 2012 R2 用セキュリティ更新プログラム (KB3097966)
Windows Server 2012 R2 用 Internet Explorer 11 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB3093983)
Windows Server 2012 R2 用更新プログラム (KB3084905)
Windows Server 2012 R2 用セキュリティ更新プログラム (KB3088195)
Windows Server 2012 R2 用セキュリティ更新プログラム (KB3042058)
Windows Server 2012 R2 用 Internet Explorer Flash Player のセキュリティ更新プログラム (KB3099406)

Skylakeを使った新製品

昨日はマイクロソフト社から13.5インチのSurface Bookと12.3インチのSurface Pro 4が発表されました。両方ともIntelの第6世代CPUのSkylakeを採用しています。発売は10月26日(米国)だそうです。特にSurface Bookはキーボード部分にGPUを内蔵しており超ハイスペックマシンになっておりMacBook Proの2倍高速だそうです。その分価格も20万円前後になっています。
Surface Bookについて(英語)

surfacebook


さてSurface Hubですが受注多数のため発売延期になっています。Surface Hubは55インチと84インチの大きな「電子黒板」のようなもので会議中にビデオ通話や参加者のスマートフォンの画面を表示したりOffice 2016を使って遠隔地や会議室で同時編集する事ができます。いずれ学校でもこのような「電子黒板」が標準になるかも知れません。



Windows 10の目玉機能の音声認識機能のコルタナも公開されようとしています。音声認識はスマホが先行していますがまだまだ発展途上です。完成すればSF映画で見たようなマシンと会話するようになるのでしょうか。

マイナンバー対応セミナーが人気のようです

いよいよ今月からマイナンバーが個人へ通知されます。マイナンバー対応セミナーは満席の状況です。今回は罰則があるのでシステム対応は必須になります。大手ソフトウエア会社の給与パッケージソフトはほぼ対応しているようです。

【現在のソフトウエア対応状況/コンピュータソフトウエア協会】

マイナンバーカード

自社開発のシステムでは開発の真っ最中だと思われますが、保守契約をしていない会社が見積もりを要求したら驚くような金額の見積もりが提示されることがあるようです。システム業界ではマイナンバー関連、低減税率などの影響で1人日当たりの開発コストは上がっています。システムの場合は新規案件を除いて相見積りは困難なので現行システムの開発元と要件定義を行うことになります。

大抵のセミナーでは、「守らないと罰則がありますよ」「個人情報が漏れたら大変ですよ」「管理はここまでやらないといけませんよ」に続いて自社製品やサービスのアピールでクローズします。色んな無料のマイナンバー対応セミナーに参加して知識を深めて不要なサービスを導入しないようにしましょう。

マイナンバー通知について
http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/

マイナンバーの説明(動画あり)
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

マイナンバー社会保障・税番号通知制度
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html

マイナンバー準備特大号!(ソフトウエア)
ブログ内検索フォーム
インデックス
人気ランキング参加してます
人気ブログランキングへ 
法人向けPC、サーバー、他
Translation