システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへは「システム屋さん」で検索。

社内システム管理者とBOYD

社内システム管理者はスマートフォンやタブレットなどの私物デバイスの持込について対応に苦慮されていると思います。スマートフォンやタブレットの高機能化によりメール送受信、スケジュールの共有、データ共有など中には基幹業務も操作できるようになりました。社内システム管理者の負担については私物デバイスの一部の料金負担、社内ネットワークへの接続の可否によってに変化します。

タブレット

私物デバイスの一部の料金負担を会社が行う場合はスマートフォン、タブレット類の使用規定作成の他に機器一覧表、業務と私用の負担調査などの管理負担が発生します。管理する側はサービス残業で無ければ規模にもよりますが情報漏洩防止などの運用負担を加えれば数万円~数十万円になります。

BOYDが経費削減、生産性向上になると言われていますがそうでしょうか?経費削減分が個人負担になっただけで生産性向上は従来の携帯電話でも可能でした。先日ある企業を訪問した時に会社負担でiPhoneが支給されていたのですが、電話が主でクラウド共有機能などはあまり活用されていませんでした。支給すればいいのではなく徹底的に使いたおすぐらいでないと、管理出来ないスマートフォン、タブレット類をセキュリティリスク覚悟で使うにはもったいないと思います。

上場企業の50%以上がSNSなどのアクセスを禁止を規定で定め、かつIPフィルタリングしています。スマートフォン、タブレット類の持ち込みを禁止している部署もあります、システム関係ではデータセンタ内へは携帯も持ち込み禁止です。多くの上場企業では現在のパソコン管理と同機能のスマートフォン、タブレット類向け管理システムが普及してから導入することになると思います。またBOYDは経営者とシステム管理者が覚悟を持って導入すべきと思います.

Windows 2003 server のリプレイス

もうさすがにWindows Server 2000を使っているユーザーは無いと思っていましたが大切に使っている所もあるものです、先日ですがWindows Meユーザーも発見しました。もちろん両方ともサポート期限はとっくに終わっています。さてWindows 2003 Serverですがこちらのサポート期限は2015年7月14日までであと約2年半となりました。

サーバールーム

昔から使っている業務システムの大半は32bitで動作していますが、現行バージョンのWindows Server 2012から32bit版はありません。Windows Server 2008が最後の32bit OSになります。WOW64(Windows 32bit emulation on Windows 64bit)で普通の32bitアプリは動作しますが業務システムは独自の仕様が多いため事前動作確認が必須になります。

社内システム管理者は予算管理上リプレイスの費用を見積もるのですが、以前あるある経営者から「サーバーはパソコンより安いのか?」と聞かれたことがあります。激安サーバーのページで59,800円と書かれていましたので聞いてきたのですが、返答は「それだけでは基本パーツのみで業務システムは動きませんよ」と・・・ OSのWindows Server 2012 STDはソフトだけでも17万円しますので業務向けに色々と構成すると結構な金額になります。

最近ではハードウエアはどのメーカー品でも大手メーカーでしたら価格差はそんなにありません。それだけ競争が激しいのです。差が付くのは設定に係わる人件費(技術料)でこの部分はピンキリです。例えば初めてActive Directoryを導入する場合、設計から完成図書まで含めると設定費だけで100万円以上はかかります。本体やミドルウエアを含めると数百万円になります。それだけ費用がかかりますので導入の時には社内でどこまでやるのか、サプライヤーにどこまで依頼するのかを決めて少しでも社内で努力してして見積ります。

またWindows Server 2012のOEM版は安いように見えますが、以前は5CAL(クライアントアクセスライセンス)が同梱されていましてがWindows Server 2012ではCALは同梱されていないので別途購入する必要があります。CALの単価は上がっていますのでRDS CAL(旧 TS CAL)、RMS CAL など忘れないように計画します。

通信販売とシステム運用

ここ数日、楽天の株価が調子いいようです。物流センターがその要因との報道がありますがリードタイム短縮化に対する期待と思われます。近年通信販売は伸び続けそのスピードは衰えることはありません。しかしここに来てネットスーパ等の近隣店舗から午前中にオーダーすれば午後に配達される即日配達サービスが人気があるようです。大手スーパーはシステム投資、配送車両、配達人員の確保などをしてネット販売を積極的に展開しています。この急成長には管理システム等のインフラコストの低減やスマートフォンの普及も寄与しています。

楽天 川西物流センター

今後ネット通販では以前にも増して「商品力」「リードタイムの短縮」が求められるようになります。今まで通販会社のシステム開発をお手伝いして感じたことは「運用の工夫でリードタイムを短縮することは可能」だと思ったことです。小規模な通販会社では費用をかけずにできるだけの事を工夫して行くことが重要と思います。例えば、受注返信メールのレスポンスの改善、宅配便の回収時間から逆算して当日出荷分の受注時間の延長などはサービスの向上につながります。地方の小規模な通販会社では事務の方も全員でピッキングするなどしてリードタイムの短縮に努力しています。当日オーダー、当日出荷が主流になってきている現状ではフルフィルメント、特にリードタイムの短縮に対する意識をより強く持つことが重要と思います。

私は楽天で自動返信メールから長時間待たされる店舗では二度と購入しないことにしています。店舗にもよりますが傾向として家電系は競争が激しいのでしょうかどの店舗も対応が早いようです、一方食品系は対応が遅いように思います。

[ 2013/01/09 11:47 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

Windows8へのアップデート

Windows7 ProfessionalノートをWindows8へのアップデート

こちらのページからですと2013年1月31日まで3,300円で Windows 8 Pro のアップグレード版をダウンロードできます。ディスクを申し込むと送料込みで5,309円でした。
アップデートした結果ですがWindows7が動作するパソコンはWindows8は快適に動作します。今までの機能プラス新機能(タッチ操作などスマホ同様の機能)になります。ショートカットの作成やある程度の知識ある方なら「便利になった」と思うかも知れません。

アップグレードアシスタンス

まずWindows8アップグレード アシスタントをインストールします。実行してからアシスタントの結果でアップグレードが不向きな場合は途中でやめることもできます。

【Windows8 アップグレードアシタントでの要確認の表示】
※DVDを再生するにはアプリをインストールしてください。
Windows8では標準ではDVD再生はサポートされませんので正常の表示です。
(1/31までWindows 8 Media Center Packが無料で入手出来ます↑)

※お使いのPCにはセキュアブートとの互換性がありません。
セキュアブートが使えないだけです、基本的に今まで通りに使えます。
最新のBIOSのファームウエアアップデートができるのであれば使えるかも知れません。

(その他)
アップデート時に一度失敗しました。二回目に電源を落としてメモリをリフレッシュして再開するとうまくいきました。アップデートがうまくいかない事例は機器が古いほど多いようです。

ウイルス対策ソフトはWindows8から標準で付いています。事前にすべてのウイルス対策ソフトをアンインストールすることをお勧めします。

ドライバの互換性が無い場合はメーカーサイトで探すことになります。

IE10はデスクトップ版とメトロ版は別物です。IEが二つあると思って使います。キャッシュやクッキーも別でした。ページ制作側ではメトロ版ではフラッシュ対応ではないので分岐などを使ってフラッシュ無しのページへの誘導やHTML5など使うページ作成が必要になります。

スタートメニューが全画面表示になりました。

アップデートしますと元に戻せませんので、バックアップを取ってから実行してください。

Windows8のマウス・ショートカットキー一覧
ブログ内検索フォーム
インデックス
人気ランキング参加してます
人気ブログランキングへ 
法人向けPC、サーバー、他
Translation