システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへは「システム屋さん」で検索。

2017 年 9月のウインドウズアップデート

2017 年 9月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-jp/security-guidance/summary
セキュリティ更新プログラム ガイド(DB)
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-jp/security-guidance

【Office2007】
Office2007のサポート期間が来月の10月10日までです。法人ではOffice2007ユーザーは多いので買い替え需要があります。法人ではボリュームラインセスで購入しますので1ライセンス4.5万円ほどかかります。中小企業向けのパッケージ版でも3.7万円かかりますのでoffice365への移行も考えます。詳しくはこちら

【バージョン 「1703」】※来月に新バージョンが公開されます。
Windows 10最新バージョンのCreators Update バージョン 「1703」の適用方法。
http://capacitor.blog.fc2.com/blog-entry-320.html

【Windows Update 失敗】
ウインドウズアップデートがうまく行かない時の第一選択肢はこちらです
Windows Update の修復 20170306
http://capacitor.blog.fc2.com/blog-entry-315.html

Windows 10ではプロダクトキー不要でWindows 10 のダウンロード(PC への Windows 10 のインストールをご希望ですか?)からOSの修復インストール(OSの入れ直し)で解決できます。ファイルやソフトはそのままで問題を解決できます。上記のツールなどで回復できないときはこれで解決しています。

【Windows Update 修復】
Windows Update のコンポーネントをリセットする方法(Fix It)
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/971058
※シャットダウン時に「シャットダウンボタンに「更新プログラムをインストールしてから、コンピュータをシャットダウンします」といつまでも表示される場合などはこちらです。

【無償アップグレード Microsoft サイト 】
Windows 10 無償アップグレードサイト(支援技術利用者向け)
https://www.microsoft.com/ja-jp/accessibility/windows10upgrade/

【Windows 7 Professional 32bit】
Microsoft Office Outlook 2007 (KB4011086) のセキュリティ更新プログラム
Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 3 (KB4011064) のセキュリティ
悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2017 年 9 月 (KB890830)
Microsoft Office 2007 suites (KB4011063) のセキュリティ更新プログラム
Microsoft Office 2007 suites (KB3213641) のセキュリティ更新プログラム
Microsoft Office PowerPoint 2007 (KB3213642) のセキュリティ更新プログラム
Microsoft Office 2007 suites (KB3213649) のセキュリティ更新プログラム
Microsoft Office 2007 suites (KB3213646) のセキュリティ更新プログラム
Microsoft Office Excel 2007 (KB4011062) のセキュリティ更新プログラム
2017-09 Windows 7 の、.NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7 用セキュリティおよび品質ロールアップ (KB4041083)
2017-09 x86 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4038777)

【Windows 10 64bit】
2017-09 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の累積更新プログラム (KB4038788) サイズ: 934.9 MB
2017-09 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の差分更新プログラム (KB4038788) サイズ: 588.4 MB
2017-09 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4038806)

【Windows Server 2012 R2】
2017-09 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 R2 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4038792)
2017-09 x64 用 Windows 8.1 および Server 2012 R2 の、.NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7 用セキュリティおよび品質ロールアップ (KB4041085)
2017-09 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 R2 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4038806)
Windows 8、8.1、10 と Windows Server 2012、2012 R2、 2016 x64 エディション用の、Windows 悪意のあるソフトウェア削除ツール - 2017 年 9 月 (KB890830)

【Windows 2012 server】
Windows Server 2012 用セキュリティ更新プログラム (KB2992611)
2017-09 x64 用 Windows Server 2012 の、.NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7 用セキュリティおよび品質ロールアップ (KB4041084)
2017-09 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4038799)
2017-09 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4038806)
Windows 8、8.1、10 と Windows Server 2012、2012 R2、 2016 x64 エディション用の、Windows 悪意のあるソフトウェア削除ツール - 2017 年 9 月 (KB890830)

グーグル AIスピーカーを日本で来月発売

グーグル AIスピーカーを日本で来月発売と言うニュースが流れてきました。海外では先発でamazon Echoがありますが日本国内ではグーグルが先に発売のようです。何ができるかはこちらのページに詳しく載っています。
http://androidlover.net/google-home#Google_Home-8
SFドラマのスタートレックのようにコンピュータと会話し強い味方になるのか、SF映画のターミネータのようにAIが勝手に学習し敵になるのかはわかりませんが、スタートレックは1966年、タミネータは1984年に制作されています、今はその可能性の入り口にさしかかったのかも知れません。



音声認識の能力も向上し実用段階になり、他にも音声翻訳機のイリー(ili)と言う海外旅行時の使い勝手に特化した翻訳機が販売されています。未来では翻訳という仕事が無くなるかも知れません。いずれ家電機器なども規格が統一され無線機能は標準搭載されるのでしょうか。
イリー https://iamili.com/ja/

パスワードの管理

ネット上で色々なサービスを利用するのに様々なIDとパスワードを作成して利用するようになりました。ネットバンク、買い物、プロバイダなど個人でも数十個の管理が必要で苦労している方もおられます。多くの方はエクセルなど使い慣れたソフトウエアで管理されています。年に数回ですがWindowsの起動パスワード忘れの修復依頼がきます。この手の依頼は年配者に多いようです。

idmanager

無料のパスワード管理ソフトに「ID Manager」があります。(ローカルで動作します)
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/idmanager/

最近のブラウザはChromのようにパスワード管理機能を搭載したものが多く、日頃入力しないので余計にパスワードを忘れがちになります。最近ネット上では個人情報の非合法取得が激増していますので注意をしましょう。

社内システム管理者では個人のようにはいきません。会社の資産と構成を一元的に管理する目的で構成管理、構成管理データベース(CMDB)上でパスワードなども管理します。CMDBを見ればパスワードやその期限など利用者からの質問には即座に対応できます。ServiceDesk、CMDBの運用は今やシステム管理の基本になっています。
一方、管理者のみがパスワードを持っている会社があります。その方が事故でもしたら大変なことになりますのでパスワードは必ず管理部門の責任者などと共有しましょう。

ネットショップの盆休み表記

今年の盆休みもほとんどが今週末で終わり来週からは通常稼働になります。お盆中に楽天やヤフーショップを見ているとトップページに「お盆期間の休み」を表示している店舗をみかけました。中には「閉店」と勘違いするような大がかりな表示もありました。

ネットショップ

製造業などでは工場を止めるようなお盆休みが一般的ですが、小売業界ではお盆・正月期間は「繁忙期」となり売上が期待できるので最近では休む店などほとんどありません。百貨店の担当者は期間中在庫切れが無いように事前に準備します。

ネットショップのメリットは24時間365日開店して常時注文できるようになっていることです。利用者は安心して注文でき、商品がいつ着くのかがわかればいいのです。それらの表示が注文時にわかるように表記するのみで十分でお問い合わせの対応も休日カレンダーが各店舗にあります。繁盛しているネットショップはお盆中も通常営業です。小売業、サービス業とはそのようなものです。それが信頼になり繁盛店になっていきます。現にAmazonには盆休みという概念は無いようです。

色々な業種からネットショップへ参入していますがネットショップは小売業(デパート、コンビニなど)、サービス業ですので経営者は受注状況に応じて人員などのリソースを適正に配置することが重要と思います。

2017 年 8月のウインドウズアップデート

2017 年 8月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-jp/security-guidance/summary
セキュリティ更新プログラム ガイド(DB)
https://portal.msrc.microsoft.com/ja-jp/security-guidance

Windows Updateが改良され更新時のエラーは少なくなりました。Windows 10ユーザーが13%を超えたと言うニュースがありました。郵政グループなどの大手企業が今年中に一斉にWindows 10に移行するようです。なんと言ってもセキュリティが格段に強固ですのでWindows 10への移行をお勧めします。
※Windows 10 無償アップグレードサイト(支援技術利用者向け/今でも無料でWindows 10にできます)
https://www.microsoft.com/ja-jp/accessibility/windows10upgrade/

Office2007のサポート期間が2017年10月10日までです。
https://www.microsoft.com/ja-jp/office/2007/end-of-support/office.aspx
Windows 10最新バージョンのCreators Update バージョン 「1703」の適用方法。
http://capacitor.blog.fc2.com/blog-entry-320.html

ウインドウズアップデートがうまく行かない時の第一選択肢はこちらです
Windows Update の修復 20170306
http://capacitor.blog.fc2.com/blog-entry-315.html

Windows 10ではプロダクトキー不要でWindows 10 のダウンロード(PC への Windows 10 のインストールをご希望ですか?)からOSの修復インストール(OSの入れ直し)で解決できます。ファイルやソフトはそのままで問題を解決できます。上記のツールなどで回復できないときはこれで解決しています。

Windows Update のコンポーネントをリセットする方法(Fix It)
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/971058
※シャットダウン時に「シャットダウンボタンに「更新プログラムをインストールしてから、コンピュータをシャットダウンします」といつまでも表示される場合などはこちらです。

【Windows 7 Professional 32bit】
悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2017 年 8 月 (KB890830)
2017-08 x86 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4034664) 119.2MB
※以下を置き換えます。
2017-07 x86 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4025341)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB2503665)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB2511455)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB2544893)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB2570947)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB2676562)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB2712808)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB2839894)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB2840149)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB2868626)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB2957189)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB2961072)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB2993651)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3005607)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3033889)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3033929)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3042553)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3069762)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3072630)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3076949)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3079757)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3080446)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3087039)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3108670)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3109094)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3123479)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3126446)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3138962)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3139940)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3145739)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3146706)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3146963)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3149090)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3153171)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3153199)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3156013)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3156017)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3161561)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3161664)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3164033)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3164035)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3167679)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3168965)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3175024)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3177186)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3177725)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3178034)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3184122)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3184471)
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3185911)
Windows 7 用更新プログラム (KB2718704)
Windows 7 用更新プログラム (KB2829104)
Windows 7 用更新プログラム (KB2846960)
Windows 7 用更新プログラム (KB2846960)
Windows 7 用更新プログラム (KB2929733)
Windows 7 用更新プログラム (KB3006625)
Windows 7 用更新プログラム (KB3014406)
Windows 7 用更新プログラム (KB3040272)
Windows 7 用更新プログラム (KB3118401)
Windows 7 用更新プログラム (KB3121255)
Windows 7 用更新プログラム (KB3138901)
Windows 7 用更新プログラム (KB3139923)
Windows 7 用更新プログラム (KB3148851)
Windows 7 用更新プログラム (KB3153731)
Windows 7 用更新プログラム (KB3156417)
Windows 7 用更新プログラム (KB3162835)
Windows 7 用更新プログラム (KB3177723)
Windows 7 用更新プログラム (KB3182203)
Windows 7 用更新プログラム (KB3185278)
Windows 7 用更新プログラム (KB3187022)
Windows 7 用更新プログラム (KB3192321)
Windows 7 用更新プログラム (KB3198591)
Windows 7 用更新プログラム (KB3200006)
Windows 7 用更新プログラム (KB3203884)
Windows 7 用更新プログラム (KB4012864)
Windows 7 用更新プログラム (KB4015193)
Windows 7 用更新プログラム (KB4023136)


【Windows 10 64bit】
2017-08 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4034662)
2017-08 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の累積更新プログラム (KB4034674) 862.2MB
※以下を置き換えます。
2017-05 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の累積更新プログラム (KB4016871)
2017-05 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の累積更新プログラム (KB4020102)
2017-06 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の累積更新プログラム (KB4022725)
2017-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の累積更新プログラム (KB4025342)
2017-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の累積更新プログラム (KB4032188)
x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の累積的な更新プログラム (KB4015583)
x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の累積的な更新プログラム (KB4016240)
x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の累積的な更新プログラム (KB4016251)
x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の累積的な更新プログラム (KB4016251)

事務所設置のサーバーはもう古い?

現在でも事務所にサーバーを設置しサバクラ環境で運用している会社は沢山あります。ここ数日は異常な猛暑日、熱帯夜ですので24時間稼働のサーバーでは温度管理のために夜間でもエアコンの稼働をお勧めします。

先日サーバールームの設置について質問を受けました。数年前までは自社でサーバールームを設置する会社も多かったのですが、最近ではそのほとんどがクラウド環境に移行しています。自社で管理するにはあまりにもコストがかかるからでしょう。色々なデータベース、ミドルウエアがクラウド対応になってきたのも大きな要因です。仕事柄データセンターへ出入りすることがありますが、これ以上無いほどの厳しいセキュリティチェックを受けます。もちろん必要な物以外は持ち込むことはできません。窓一つ無い中で業務を続ける24時間監視する管理者はかなり厳しい労働環境と言えます。

ネットワーク工事

自社でサーバールームを持つには、社内システム管理者やセキュリティの専門家を雇用するか管理を外部委託することになります。この外部委託費はかなり高額で大抵は基幹システムに関わりのある開発会社に依頼することがほとんどです。仕事で色々な会社のシステム管理状況を見ますが大手でも管理ノウハウの無い会社もあります。

事務所設置のサーバーでWEB公開していないサバクラ環境でしたらそのまま使い続けることが一番安上がりで問題点はサポート切れ対策ぐらいでしょう。またクラウド環境への移行コストも下がってきましたので社内システム管理者は経営者に提案できる情報収集をする時期かも知れません。

Microsoft Office 2007のサポート終了とメールソフト

Office 2007ユーザーからの問い合わせが増えました。今年の10月にサポート終了します。更新時に問題になる事があります。一つ目はメールソフトの問題です。XP時代からMicrosoft Outlook Express を利用していた企業で先日サポート切れになったWindows live mailの利用者の移行です。移行先はoutlook 2016、Thunderbird、クラウド系のGmail、Office365などがあります。操作性が大きく変わるクラウド系への移行は嫌がる方もいますが今後の事を考慮するとクラウド系が事業継続性からもお勧めです。HDDが壊れてもメールデータが保護されるからです。

二つ目はどのOfficeにするかです。企業では少し高いですがボリュームライセンスを利用しています。ライセンス当たり1万円ほど高くなりますがシステム管理者は資産管理が楽になります。更新後はOffice Home & Business 2016パッケージ版、office365、ボリュームライセンス版のどれかになります。

Offcie2007


未だに2003形式のファイルで運用している会社が多い用ですので2007形式移行に変更するようにしましょう。フリーズも減りますし色々なメリットがあります。

Outlook2007からoutlook2016への移行
http://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=2310-8545

Windows live mailからoutlook2016への移行
(より詳しいブログへリンクしています)
古いPCにはWindows live mail、新しいPCにoutlook2016の場合
【アドレス帳】
https://www.ikt-s.com/windows-live-mail-outlook2016/
文字化けに注意します。

【メールデータ】
https://www.ikt-s.com/live-mail-end-of-support/
※他にも方法はありますがこのブログが詳しく説明されています。

【アカウント】
アカウントは手動で設定します。
ブログ内検索フォーム
インデックス
人気ランキング参加してます
人気ブログランキングへ 
法人向けPC、サーバー、他
Translation