システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへは「システム屋さん」で検索。

発注したパソコンがやっと到着

3月初旬に発注したパソコンがやっと到着しXPパソコンのリプレイスに追われている社内システム管理者も多いと思います。計画的に進めるのですが、経営者への稟議がなかなかスムーズに行かないなどの理由により3月になってパソコンを発注する法人が多いのには驚きました。今月になってあまりにもXPパソコンの画面がうるさいので「入れ替え」を決意する方も多いようです。どのソフトウエア会社もコストだけがかかるXPサポートは打ち切っているようです。

ターミナルアダプター

法人向けで圧倒的に多いのはWindows7 Professional 32bitです。Xpで接続していた周辺機器や基幹システムがそのまま使える事が大きな理由です。例えばIEについては過去のバージョンのIEに戻せる、印刷等のドライバーがXPの物をそのまま使え特に医療機関では国保連の伝送に多くの施設がINSを使っています、そのターミナルアダプタは2000年頃の機器が多いためWindows8.1では動作しない場合があります。

Windows7の次はWin8をスキップしてその後のOSになります。32bit版が発売されるかどうかは不明ですがWin7はオリンピック開催時期までは使えそうです、またXpと同じように法人利用者が圧倒的に多いので特別にサポート期間が延長されるかも知れません。

Windows XP 、IE 6とWindows XP 上のIE8、Office 2003 のサポートを終了

パソコンのOS関連でこんなにもニュースになるとは時代が変わったと改めて認識しました。その影響でパソコンの入れ替えは真っ盛りのようです。社内システムの入れ替えでは店舗などで販売されているようなパソコンではなく何もソフトが入っていないPCまたはOSのみ入っているパソコンを手配します。

win xp

会社によって違いはありますが、社内システム管理部門がセットアップする場合や外部業者へセットアップを委託する場合があります。外部業者へセットアップを依頼することをキッティングと言います、社内システム管理者の負担は大幅に軽減されます。

コスト削減の為にOffice 2003を継続して使う方が多いようです。Office 2007以降とは操作性が違うことも影響しているようです。未だにOffice 2000も使われています。Xpに比べるとOfficeソフトは使い方にもよりますがセキュリティリスクは低いと思われます。システム管理者がよく使うフリーのソフトと注意点をご紹介します。

よく使われているフリーのOfficeソフト Apache OpenOffice
ネットワーク経由でエクセルファイルが開かない遅い(Windows7とOffice 2003との組み合わせ)


Xpをそのまま使い続ける・・・

最近になって色んな所で「私のパソコンには大した情報無いから大丈夫ですよね」「Xpをそのまま使い続けても問題ないでしょう」などの質問を受けます。システム屋などに「大丈夫ですよと言ってもらい」安心したいと思われます。

もちろん答えは、「Windows7または8.1へアップデートする」「Xpマシンでメールとネットは使わない」になります。企業ではこれだけ各方面からXpからの入れ替えを推奨されている状況でXpマシンを使い続けてウイルス感染などが原因で個人情報漏洩などをすると賠償額算定において不利になることは明白です。

感染を待つ


XPは来週の最終アップデートでサポートが終了します。その後XP攻撃ツールの開発が一気に進みそうです。今後の対策が無いので作ったツールは使い続けることができます。それだけでも開発者にはメリットがあります。最低限のセキィリティ対策としてWindows7または8.1へアップデートしましょう。

Xp移行を促す警告でさらに忙しくなる・・・

社内システム管理者は組織変更、座席移動などで毎年この時期は忙しいのですが、その上に消費税率変更やXpからの移行が重なりさらに繁忙になっています。事前に移行などがスムーズに行われていると思いきや、3月になって消費税率変更やXpからの移行に関する問い合わせが増えました。さらに3/8から表示がされる「Xp移行を促す警告」によっていっそう増えそうです。

XP 警告

残念ですが今からではサプライヤ(保守契約有り)しかインストールできないタイプではスケジュール調整が思うように行きません。昨日対応したあるサプライヤでは5月の連休明けまでは対応できないなどの状況です。それでも優先対応になっていました。

ここでは記載できませんが致命的なダメージを受けている会社もあるなか3月月内の増税前にすべて終わるところは「勝ち組」と言っていいでしょう。経営者はそのような優秀な社内システム管理者には感謝してもいいと思います。

-------------------------------------------------------------------------
Windows XPサポート終了の4月8日を前に、MicrosoftがWindows XPのデータと設定をWindows 7以降の環境に移行するためのツールを無償で提供する。Microsoftは3月8日より、Windows Updateを通じてWindows XPユーザーにサポート終了日を知らせる通知を送信する。通知には、Windows XPのサポート終了後のセキュリティリスクやアップグレードに関する情報を提供する特設ページへのリンクが含まれそこで提供される。

2014年1月はパソコンがよく売れた

先月は前年比で60%以上パソコンの売上が上がったそうです。消費税率変更前の駆け込み購入とXPパソコンからのリプレイス需要が重なったようです。メーカー各社の販売サイトを見ると以前は小さかったWindows7パソコン販売コーナーが大きくなって需要の多さがわかります。

今回Windows7にリプレイスしたクライアントには次はWindows9または10(仮称)へのリプレイスを案内しています。Windows8は以前のVistaのような扱いになっています。Windows8.1のSPがもうすぐリリースされるようですが、今までと違いWindows8は操作性の変更が多く企業で使うにはもう少し落ち着くであろう時期バージョンに期待と言うところでしょう。またWindows8.1は大幅な値引きが予定されると言う情報や無料提供するような情報も流れています。アンドロイドなどに対抗しているのでしょうか。

税率変更
【楽天から引用】

税率変更前に予備機も含めて社内システム管理者は早めに機器を手配しましょう。


Windows XpからのWindows7への移行 2014

先日ある経営者から「なぜWindows8へ移行しないのか」との質問を受けました。システム管理者は社内にあるシステムの互換性やコスト削減のため最適な提案をします。色んな事を考慮して2014年現在でも法人の第一選択は圧倒的にWindows7になっています。
    【費用はかかりますがこんなサービスもあります】
パナソニックサービス
Windows7ですとCPUはCore i5クラスがお勧めです。第四世代になって落ち着いてきた所で流通在庫で第三世代が販売されている状況です。第三世代が安くなるはずですが為替や部品代の高騰で高止まり状況です。Core i3よりコストパフォーマンスがいいと思います。

予算を圧縮する方法の一つにCPUにもよりますが、DSP版を購入しHDDを入れ替えメモリを増すことで少しは安くXpから移行できます。HDDモードをAHCIで動作させることでスピードアップできます。この作業は時間と手間がかかるので人件費を加味して判断します。

社内システム管理者が経営者からよく聞かれ、悩まされる言葉
1.そんなにコストがかかるの
2.もっと安くならないか
3.君ができないのか(外注システム提案時に)
結局このような質問をするシステム関連の知識が無い経営者ほど高いコストを負担するようになってしまいます。安い機器はそれなりの性能しかなくユーザーの生産性、モチベーションに影響を与えます。最近のシステム機器の価格は市場原理で昔ほど差が無くなっています。

そのままXpを使い続けたい

先日Windows Xpのサポートが2014年4月に終了するので端末のリプレイスを提案したところ、「そのままXpを使います」という答えが返ってきました。恐らく予算の問題、使い慣れた方が良い、機器を更新しない自治体がある、セキュリティ問題の経験(感染経験)が無いなどから判断したのでしょう。毎日のようにウイルス感染やセキュリティ問題に対応している私からは想像もつかない返事でした。

XPロゴ

Xpのサポート期限が過ぎれば、現在動作している各アプリケーションのXp向けのアップデートは行われません、またソフトウエア各社はXp向けのサポートチームを存続するようなムダはしませんのでOSのサポートが終わることはその上で動作しているソフトウエアのサポートも終わります。攻撃側から見ればさまざまなXP向けの ハッキング クラッキングツールが出回りますのでそのままXPを使い続けるリスクはさらに増加します。

システム開発が間に合わないまたはその他の事情でXp継続使用する場合は次のような対策があります。
1.セキュリティアプライアンスを導入し、Xpパソコンを順次入れ替えていく。
費用はかかりますが多くの企業で導入されています。※追記参照

2.社外とのメールやインターネットを使わないクローズ環境にする
自治体などでのシステムは社外に接続されいないタイプが多いです。USBメモリも禁止にすべきです。

3.メールサーバーなどでのウイルス対策の導入し、IPフィルタリングで訪問サイトを限定する
社内システム管理者、ネットワーク管理者に相談します。ゲートウエイの機器の交換になることもあります。

セキィリティ事故や個人情報漏洩が起きた時に、XPの継続使用は過失と判断されない事があります、最低限のセキュリティ対策は行いましょう。

※Windows7パソコンはいつまで販売されるのですか? との問い合わせを頂きます。すでにパッケージ版の販売は終了しました。残るはOEM版のみになっています。



【2013/11/18追記】
SCSK、Windows XPの継続利用を支援するセキュリティサービス 

2014年4月以降のサポート終了後も継続利用する必要のある企業や移行作業が間に合わない企業を支援するという。

SCSKは11月18日、「Windows XP保護ソリューション」の提供を開始した。マイクロソフトによるサポートが2014年4月に終了するが、Windows XPを継続利用する企業や新OSへの移行作業の間に合わない企業を支援するという。

 このソリューションではWindows XPのクライアントマシンが設置されているネットワークにIPS(不正侵入防止システム)を設置し、XPの脆弱性を突く外部からの攻撃をブロックするという。同社は利用企業のシステム環境に合わせたチューニングを行い、IPSの運用やセキュリティ監視のサービスも提供する。

 ソリューションメニューは、IPSによる攻撃防御の「HP TippingPoint IPS」が300万円から、IPSの運用やセキュリティ監視の「SCSK Global CSIRT/SOCサービス」が月額20万円からとなる。



【2014/1/8追記】
Windows XP 移行対策セミナー」開催のニュースを掲載。

 例えば、日本商工会議所との連携による、中堅中小企業を対象とした「Windows XP 移行対策セミナー」もそれらの施策のひとつだ。サポートが終了となる4月9日までに全国で20か所以上での開催を予定しているという。

 商工会議所との連携によって、日常的にITの話題とは縁がないような層にリーチできる。システム管理者不在でパソコンを使い続けているような現場では、毎日IT系のニュースサイトを開くことなど考えられず、この時期になっても、この事実を知らなかったり、あるいは知っていても、使えるパソコンを使い続けて何が悪いのかと思っている経営者も少なくないだろう。現場によっては見積書の発行から、受注管理、請求書のプリントまで、すべてExcelだけでやっているようなところもあるのだ。

 こうしたセミナーに出席して、じっくりと語られるXPを使い続けることのリスクを理解してもらえたとしても、彼らが知りたいことは、どうすれば安全にXPを使い続けられるのかということではないかという懸念もある。

周辺機器がXP非対応なったら入れ替えは進むのでは
 自宅でプライベートに使う家族のためのパソコンは最新機種に入れ替えても、不自由なく動いている業務に関するパソコンは、たとえそれが10年前のハードウェアとアプリケーションであったとしても、なかなか新しいものに入れ替えようとは思わないものだ。プリンタだって印刷ができる限りはインクを補充して使い続ける。むしろ、印刷できなくなって新たにプリンタを購入したら、XPがサポートされていないことがわかり、パソコン本体の買い換えを考えるといった順序かもしれない。OSよりも、XP用プリンタドライバの提供を各プリンタベンダーがとりやめたら、けっこうな騒ぎになるかもしれない。

 クルマは物理的に動く限り、車検さえ通るのなら、ずっと乗り続けることができる。賞味期限の切れた食料品は、それを食べると、もしかしたら腹をこわすかもしれない。クルマと食料品、そして、パソコンの違いはどこにあるのか。まずは、そういうことから徹底周知しなければならないだろう。

【2014/01/16】
Microsoft、OSサポート終了後もWindows XPに「Microsoft Security Essentials」を2015年7月14日まで提供。


ブログ内検索フォーム
インデックス
人気ランキング参加してます
人気ブログランキングへ 
法人向けPC、サーバー、他
Translation