システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへは「システム屋さん」で検索。

ケーブルテレビ事業者の障害対応

今年になって年初のIntelなどのパッチ、Windows 10 Fall Creators UpdateのWindows Updateでの適用も重なり問い合わせ数は過去最高になりました。内容はフリーズする、動作が遅い、Windows Updateができないなどです。フリーズする、動作が遅いの対応は不要なソフトウエアの確認と削除、一時ファイルやキャッシュなどの削除とスタートアップの調整など動作に関係ありそうな項目を調べます。中にはハードディスクの障害もありました。

ケーブルネット

それらの症状に上乗せのようにネットの通信速度が遅いケースがありました。スピードを計ってみると1Mbpsも出ていないのでネットニュースを開くのに時間がかかります。昔のPC-VANやNiftyのパソコン通信時代を思わせるような速度です。加入サービスを確認すると160Mのサービスでしたのでケーブルテレビ事業者に問い合わせると訪問日の予約をしますと言われ1週間ほど先の日時を指定されました。結局先日の株価暴落時に遅すぎて売買注文できずにユーザーはお怒りでした。

最近のケーブルテレビ事業者はインターネット、IP電話、電気などテレビ以外のサービスも行うようになりましたがサポート体制は十分とは言えません。法人ではBCPの一環としてサポート体制と品質を重視するのでNTT系のサービスを利用する会社が多いようです。インシデント時の当日対応、訪問派遣が心強いです。

※NTT系の代理店からの回線変更の電話勧誘が増えていますのでご注意ください。電話番号順に手分けしてコールしているようです。

ハードディスクの故障とCHKDSKコマンド

社内システム管理者にとって厄介なのはハードディスクの故障です、Windows は起動するが動作が遅い、フリーズが頻発する、一部のデータが読み込めないなどの症状が見られます。SSDの故障ではスッパリと「起動しない」場合が多いのですがハードディスクの場合の症状は色々あります。メーカー修理ですと部品交換、OSインストールでデータなどはすべて消失します。しかし社内システム管理者はそうはいきません。上司などのから「データはなんとかしてくれ」と言われるのケースが多いのです。

データ抽出のためにも管理者が最初に行うのがCHKDSKコマンドです。Windows 10ではスタートボタンを右クリックして「コマンドプロンプト管理者」または「Windows PowerShell 管理者」を選択します。次に修復コマンドの chkdsk c: /r を実行します。再起動時の行動を確認されますので「Y」を選択して再起動します。これで再起動時にキャンセルしなければ修復が行われます。問題はこの修復にかかる時間です。下図のように11%のところで止まっているように見えるのです。1000GBのHDDではこの状態で約3時間程度かかります。その後、起動画面に移行します。この間はじっとガマンする時間で11%からいきなり終了になります。

HDD故障

この間(約3時間程度)に電源を切ったりしないようにしましょう。インシデントの中でも時間と手間がかかるのがHDD故障からのデータサルベージです。対策としてデータ、メールなどのクラウド化をお勧めします。

安いパソコンはそれなりの理由がある

年末になってパソコンのCMが増えてきました、かわいいマウスコンピュータのCMは見ていて楽しいです。法人向けにパソコン供給して数十年経ちますが私の場合絞られたのはDELLとHPの2社になりました。法人向けでは業務に影響がでないように迅速な対応が必要ですのでこの2社は品質、サポート、品揃え、価格では抜けていると思います。




個人向けでは先日知人がアウトレットのノートパソコンを購入したのですが、半年ほどで二万円かけてバッテリー交換するはめになりました。アウトレットで安いからと言って購入すると維持費がかかる場合があります。個人向けパソコンではいわゆる型落ち、旧世代チップ、低性能ディスクなど修理をしたときに内部を見て驚くことがあります。個人向けパソコンメーカーではコストを抑えるためにマザーボードの機能を絞って部品メーカーに委託生産させています。このような会社のサポートの特徴はBIOSアップデートなどがほとんど無いか出来ないことです、そのようにしてコスト削減しています。個人使用ではこの状況でも問題無いと思われますがBIOS等をアップデートしたい方には向きません。パソコンユーザーの中には結構こだわる方がおられます。

今年の年末の最新パソコンはCPUではIntel第8世代、動画などを操作するならグラフィックボード、記憶域はSSDドライブ、メモリ8GBぐらいです。特にIntel第8世代のCore i5は第7世代より高速になっていますのでお勧めです。自作パソコンでお勧めは老舗のパソコンセブンさんで使用した部品の空箱まで送付されますのでBIOSアップデートもバッチリですが更新失敗で壊さないようにしましょう。

「別のプログラムがこのフォルダーまたはファイルを開いているので、操作を完了できません。」 の対処

タスクマネージャーからタスクの終了を行ってもファイルの移動や削除ができない場合があります。原因としては電源落ちや強制シャットダウンでファイルを握ったままになっているケースが多いようです。

1.どのアプリケーションがファイルを握っているか検索します。
「ファイル名を指定して実行」を表示します、キーボードの「Windows」キーを押しながら「R」キーを押してください。

リソースモニターを起動します。フィールドに resmon.exe と入力します。

リソースモニター

CPUタブを開き、下段のハンドルの検索欄に移動できないファイル名かフォルダ名を入れます。


表示された該当ファイル名かフォルダ名を選択肢右クリックでプロセスを終了します。

これで大抵は移動や削除が可能になるのですが、例外もありますその時はOSの再インストールがお勧めです。

今年になってHDDの故障が相次ぐ

今年になってハードディスクの故障が相次ぎ対応に追われていました。XP終了時に入れ替えたパソコンですが故障したHDDはすべてWD社製の500GBタイプでした。ここ2週間で4台ですので結構な確率です。

HDD交換

会社で使っているパソコンはHDDに少しでもエラーが発生したら早めに交換します。HDDが故障するとクラウド対応していない場合はパソコン内のデータの復旧は困難になります。専門業者に依頼すれば復旧はできますが驚くような費用がかかります。最近ではSSDが主流ですがXPサポート終了時に入れ替えたパソコンの多くは普通のHDDが搭載されていますのでエラーが無いかどうかチェックする事をお勧めします。

尚メーカーでのHDD交換にかかる費用は、4.5万円~7.0万円ほどかかります。メーカーではデータの復元や移行は行っていません。法人向けのパソコンでは保証期間の延長がありますので利用されることをお勧めします。

Nvidia グラフィックドライバーの更新方法(GT 710)

Windows 10対策としてグラボを増設したユーザー向けの情報です。

Nvidia グラフィックドライバーは定期的に更新されています。ゲーム関連の更新も多くありますがなるべく新しいドライバーの適用をします。

【Windows 10 32bitにてフリーズする場合/Windows 7 32bitからアップグレードしてフリーズが発生する場合】
対応オペレーティング・システムインテル®グラフィックス製品について
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/support/graphics-drivers/000005526.html

GT710_
クリックで拡大

1.Nvidiaのサイトにアクセスします。
http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp

2.NVIDIAドライバダウンロードの手動検索を下記に様に選択し「検索」を押します。

3.ダウンロード---ダウンロードの同意を押してダウンロードします。
  ファイルサイズが大きいので回線の状況によっては5分程度かかる場合があります。
4.ダウンロードしたファイルを実行します。
5.ファイルの解凍確認画面で「OK」を選択します。
6.解凍終了後しばらくするとインストーラが起動しますので画面の指示に従います。特に設定を変更する必要はありません。
7.ドライバーの入替中は画面が消えたりする事があります。
8.終了後はNvidiaツールの自動実行を確認してきますので不要の場合はチェックを外します。

更新は頻繁に行われていますので新しい更新が無いかどうか定期的に確認をします。

Windows LiveメールからGmailへの移行

先日お伝えしたようにWindows Live メールが来年1月10日にサポートが終了し新たにダウンロード出来なくなります。あまり知られていませんがWindows 10には未対応だそうです。未だにWindows Live メールを使用しているユーザーを抱えている社内システム管理者には頭の痛い問題です。企業ですのでメールソフトを変更についてはマニュアル作成や操作サポートなどユーザー数に応じて負荷が増大します。50人規模ですと結構な工数がかかります。

MSさんによると
Windows Live メールは2017年1月10日以降も引き続き使用できますか?
はい、できます。ただし、一部のメール サービス プロバイダーは、セキュリティと信頼性を改善するために、Windows Live メールでサポートされていない新しい電子メール プロトコルに移行しています。これらのメール サービス プロバイダーでは、機能しなくなる可能性があります。
------------------------------------
ローカルで運用するメールソフトは色々ありますが高機能なのは「Thunderbird」ですが移行には手間がかかります。ローカルメールからローカルメールの移行は時間がかかる上にある程度のスキルが必要になります。一方クラウド環境では無料のGmailが高機能です。過去のメールデータはIMAPを利用して、アドレス帳はCSVデータでエクスポートして比較的楽にクラウドへ移行できます。この際クラウド環境への移行をお勧めします。その他の無料クラウド環境にではOutlook.com があります。有料ではMicrosoft Exchange、Offce365、Google Apps等があります。

【Windows LiveメールからGmailへの移行】
【手順①】
Google アカウントの作成 /既にお持ちの場合は【手順②】へ
https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja

Gmail にログインします。
http://mail.google.com/mail?hl=ja

右端の歯車のアイコンをクリックし、下から4行目の[設定] を選択します。
Gmail設定

メニューから[メール転送と POP/IMAP] をクリックします。
下段にある[IMAP を有効にする] を選択し変更を保存します。
Gmail側の設定は以上です。
https://support.google.com/mail/answer/7126229?topic=13294&visit_id=1-636164293061659170-2059644317&rd=1

【手順②】
Windows LiveメールにてGmailのアカウントを作成します。
左上の{ファイル]---[オプション]---[電信メールアカウント]
[追加]---[電子メールアカウント]---次へ
電子メールアカウントを追加するウインドウを開きます。

liveメール

電子メールアドレス(Gmail)
パスワード(Googleアカウント)
表示名(Gmail転送用/任意)
次へで設定は通常は自動で完了しますが
うまく動作しない場合はプロパティから以下の設定項目を確認します。

受信メール(IMAP)サーバーの設定
imap.gmail.com ポート: 993
SSL を使用する: はい

送信メール(SMTP)サーバー – TLS が必要
smtp.gmail.com ポート: 465 または 587
SSL を使用する: はい
認証が必要: はい

【手順③】
既存メールの移行
受信、送信したメールデータを Gmail に移行するには、メールを新規に作ったGmailアカウントにメッセージをコピーまたは移動すると時間をかけて Gmail に反映されます。フォルダ分けも反映されます。
ブログ内検索フォーム
インデックス
人気ランキング参加してます
人気ブログランキングへ 
法人向けPC、サーバー、他